【レポート2】エスパイ・プリオラート 2015 〜プリオラートの歴史〜

   【レポート2】エスパイ・プリオラート 2015 〜プリオラートの歴史〜
【Reportaje2】Espai Priorat 2015

 

【レポート1】プロローグに引き続き、「プリオラートの歴史」について、

エスパイ・プリオラートに参加された馬場 祐治氏のレポートをご紹介します。

★馬場 祐治氏・プロフィール 詳細はこちら
㈱サンティール・田崎真也事務所ディレクター・田崎真也ワインサロン講師
2006年最優秀ベネンシアドール
1998年ポートワイン・ソムリエコンテスト優勝
——————-


カルトゥジオ修道院エスカラ・デイ

12世紀、アルフォンソ1世はカタルーニャの地にカルトゥジオ会を造る為、

プロヴァンスから2人の修道士を派遣。

修道士が聖なる山と呼ばれるモンサンの辺りに訪れた際、その美しさに魅了され、

修道院をこの山の麓で創ろうと地を探した。

IMG_0583

聖なる山「モンサン」

天使の現れる場所がある、と羊飼いから教わり、

ここに1194年エスカラ・デイ(天国への階段)と呼ばれるカルトゥジオ修道院を建設。

修道生活を始めた際に、ブドウを植え、醸造所も造り、ワイン造りも始めたのだ。

11262469_805022592926975_2566382455405171604_n

 

do-priorat

DOCa Prioratのロゴマークにも、天使と神(天国)に続く階段が。特選原産地呼称プリオラートのワインには必ずこのロゴが記された保証ラベルが貼られる。

 

プリオラートが何故ガルナッチャやカリニェナなのかは、修道士たちがプロヴァンスから持ち込んだから。

カルトゥジオ修道院の領土(prior)である事からこの地をプリオラートと名付けられた。

【文】馬場 祐治

——————-
バルセロナからミニバンに揺られること約二時間。

プリオラートに入った途端、山道ならではのもの凄いカーブに車酔いが続出。

ただ、車窓を流れる景色は、壮大かつ美しい。まさに辺境の地と言えるでしょう。

カルトゥジオ修道院エスカラ・デイに到着。

プリオラート特選原産地呼称統制委員会、

トニー会長の歓迎の挨拶の後、1974年ヴィンテージのガルナッチャで乾杯、垂直試飲。

興味深いプリオラートのワインの変化に会場が熱気に包まれました。

 

11018022_805288426233725_3096998162353163985_n

プリオラート特選原産地呼称統制委員会トニー会長と、林麻由美先生

 

11229417_805288476233720_7110511145232726694_n

その後、グループに分かれそれぞれの村のホテルに生産者を迎え、

ワイン造りや思いについて、語り合いながら、彼らのワインを味わう特別な夕食。

 

11694906_710790935692574_8156768160150271638_n (1)

Clos Galena “Clos Galena” /Costers Del Priorat “Clos Cypres”/Torres Priorat “Perpetual”

1日目の夜は、Torres Priorat、Clos Galena、Costers Del Priorat、三社の生産者のプレゼンテーションの後、

彼らと語り合いながらそれぞれのワインをプリオラートの郷土料理と共にいただきました。

 

11295548_805288532900381_8701740858291254431_n

こうして、プリオラートの夜はゆっくりと更けていったのでした。
次回は、プリオラートのワインが一躍世界の注目を浴びることになった「第一改革」について

馬場 祐治氏のレポートからご紹介させていただきます。

 

【レポート3】エスパイ・プリオラート 2015 〜プリオラートの歴史「第一次改革」〜
【Reportaje3】Espai Priorat 2015
https://spainwinefood.org/espai-priorat-2015-3/

 

 

スペインワインと食協会 原田郁美

広告代理店でデザイナーとして勤務後、渡西。3年間のバルセロナ生活でスペインワインと食の魅力に取り憑かれる。帰国後、「日本とスペイン を つなぐ架け橋」を目指し独立。試飲会をはじめ、スペインワイン生産者の日本市場進出サポートを行う。2012年結婚を機に再び渡西。 プリオラートで夫のワイナリー「グリフォイ・デクララ」を支えつつ、スペイン産ワインと食品、コルクのコーディネート、スペイン語ワイン通訳、プロモー ションまで行う「プエンテサービス」を提供している。