カバ・アカデミー・ジャパン

みなさんこんにちは、加藤です。

新しい2020年が始まったと思ったら、もう2月も中旬に・・・。

さて皆さんは、今年はどんな一年を過ごしたいですか?

私は、今まで以上に「スペインワインと食」にコミットしていこうと考えています。

 

このブログを読んでくださる皆さんに、

選りすぐりの情報をお届けし、

リアルイベントやオフ会を通して、

とびっきりのスペインワインと食を味わえる機会を増やしていきますね。

 

早速ですが、スペインワインが好きなあなたにお知らせです。

日本のプロフェッショナルなあなたに、

カバを学ぶ素晴らしい機会があります。

カバ・アカデミー・ジャパン

 

私たちは常々思っていたのです。
日本において、現在シャンパンが好きな方々にも
「カバの選択肢を当たり前にいれていただく機会が増えること」が
増えたら・・・
今までカバの魅力に気づかなかった方々が、
どれだけ嬉しい選択肢が増えるのだろう・・・
その思いは、カバ限定の試飲会を開催してしまったほどです!
当協会のコンセプトにもありますし、
イベント開催時には、カバで乾杯をすることを大切にしています。
流行に敏感な若い層にも、
上質な味わいと洗練されたイメージとして、
カバの素晴らしさを伝えたいと思いは募るばかりです。

帝国ホテルの伊藤シェフソムリエ。ヒルトンホテルなど本当に多くのソムリエ、又シニアソムリエが駆けつけてくださいました。

 

以前からお世話になっている琉球チャイニーズTAMAのシェフも、

駆けつけてくださいました。

・カバと日本食材や和食のペアリングの素晴らしさを知ってもらう可能性
・スペインワインや料理への認知が一層広がる可能性
など、様々な視点から伝えたいことがあります。
多くの方々にカバが浸透していくことを切に願ってやみません。
ぜひ、チェックしてみてくださいね!

サイトより抜粋

===

プロを対象にした2日間のコース、カバ・アカデミー・ジャパン。
2020年3月に東京で開催。

日本のすべてのレベルのソムリエ向けに作られたこの詳細な教育コースは、高いレベルでカバを勉強したいプロのために、カバ原産地呼称統制員会によって承認された、最も権威のあるコンテンツを提供いたします。

このプログラムに参加することができる候補者は40名のみです。このコースに合格した方には、
2020年のカバ原産地呼称統制委員会のハビエル・パヘス会長からカバ・ソムリエの認定が授与されます。

このプログラムの最終日には試験が行われる予定です。その試験の成績優秀者上位3名はペネデスへの研修旅行に招待されます。対象者は、同日の授賞式にて発表します。
研修旅行は、4月13日(月)から18日(土)の予定です。日程の変更はできませんのであらかじめご了承ください。

カバ・アカデミーのプログラム:

第1日目 3月23日(月)
コース開催時間: 午前9時30分から午後4時30分

午前9時30分 受付

午前10時から11時30分
講義: 歴史、地理学、栽培学
講師: 調整中

午前11時30分から午後12時30分
テイスティング: 土着品種、ブリュット/ブリュット・ナチュール・ワイン

休憩

午後1時30分から午後3時
講義: ガストロノミー、『完璧なサービス』
講師: スリオラ シェフソムリエ 菊池 貴行氏
テイスティング: カバとのフードペアリング

午後3時から午後4時
講義: 商業、マーケティングとプロモーション
講師: カバ原産地呼称統制委員会 パトリシア・コレイラ氏

午後4時30分 第1日目 終了

第2日目 3月24日(火)
コース開催時間: 午前9時30分から午後4時30分

午前9時30分から午前11時
講義: ブドウ栽培学、熟成とカバ・デ・パラヘ・カリフィカード
講師: ペドロ・バジェステロス MW氏

午前11時から午後12時
テイスティング: レゼルバ、グラン・レゼルバとカバ・デ・パラヘ・カリフィカード

午後12時から午後12時45分
試験

休憩

午後1時30分 ドリンク・レセプション及び軽食

午後3時 表彰式

午後4時 終了

場所: キャプラン ワインアカデミー 東京都港区青山3-1-31 NBF南青山ビル2階
優れた設備が備わったワインスクールで、トップクラスのワインの教育、サービスを提供しています。

受講料と参加: このコースに参加するための選考を通過した皆様は、カバ原産地呼称統制委員会の後援により、無料で参加することができます。
参加が認められた皆様は、2日間の両日ご参加ください。
なお会場までの交通費、および宿泊が発生する場合の宿泊費は各人の負担となりますので、あらかじめご了承ください。

注意事項 このコースはすべて日本語によって行われます(講師が英語で講義を行う場合は、通訳が付きます)。全ての参加者は優れた日本語能力を必要とされます。

 

===

 

お申し込みはこちらから

カバ・アカデミー・ジャパン