【レポート・後援】12/04/16パラモン社のコルクを語る会【2】

【レポート・後援】12/04/16パラモン社のコルクを語る会【1】

の続編です。



今回、レストランはグラナダグループ の広報を担当されている松田美穂さんにお願いしたのですが、
私たちのワガママにも、とても気持ちよく柔軟に対応してくださり、
見事に取り仕切ってくださいました。
o0400026711962952135
軽井沢に本店があり、東京ミッドタウンに行く度に必ず立ち寄るパン屋さん
ブランジェ浅野屋 の浅野まき社長

この日のワインリスト。コルクは全てパラモン社の製品です。
白ワイン4種
-Chateau Suduiraut
-Meursault de Comtes Lafon
-Meursault Charmes de Comtes Lafon
-Meursault 1,5 litros (Magnum) de Arnaud Ente

赤ワイン(7種類)
スペイン
-Bodegas Altanza(Rioja)
– Pago de los Capellanes, Nogal(Ribera del Duero)

フランス
-Chateau Kirwan(Margaux),
-Comtes Lafon (Volnay)

イタリア:
-Brunello di Montalcino(Toscana )
-Barolo Luciano Sandrone (Piemonte:Rocche dell´Anunciata)
– Barolo Paolo Scavino (Bricco Ambrogio)

o0400026711962953447
ボルドーでは、ソーテルヌから始まることも多いとフランセスク社長。
o0400030011962956919
ソーテルヌに合わせて、フォアグラとフランで食事がスタートしました。

o0400053311962956920
北イタリアで研鑽を積まれた、大田シェフの鮮やかなお料理。
本来北イタリア料理が主体ですが、今日のメニューは、特別に
ワインに合わせて、様々なアレンジを加えてくださいました。こちらは白ワインに合わせた魚貝の数々。
o0400026711962950809 
アカデミーデュヴァン
 講師 林麻由美先生この会について、素敵にブログで語ってくださいました。
世界に名だたる一流ワインのコルク♪パラモン社のコルク会
パラモン社のコルク会@レスタージ♪ PARRAMON EXPRTAP
フランセスク・パラモン社長

 

o0400026611962980406
スペインワインと食協会  共同代表 加藤智子
司会進行役と、写真撮影を担当。
o0400053311962958951 
メインディッシュはローストされた子羊を一人一人切り分けて。
o0400053311962958950
最高のお料理とワイン、そしてお客様なのに、
一流のソムリエさん達にサーブしていただき大感動の夜になりました。

o0400030011962956918
この後、フランセスク氏と山梨と新潟のワイナリーを訪れました。
ワイナリーの方々も、皆様本当に真剣にコルクのことを考えていらっしゃって
次々とご質問をいただきました。ワインとコルクは二つで一つ。切っても切り話せない関係です。
今回の会で、ソムリエや、ワイナリーの方々から、
大変貴重なご意見をいただきました。
フランセスク氏のポリシーは、自分達もブドウ生産者である、ということ。
醸造学を大学で学んだ氏は、ワインにまつわるさまざまな問題に、
的確な返答をしていました。全てにおいて、誠実であること、
そしてどんな小さな行程においても妥協せず、徹底的にこだわり抜く事。
その小さな積み重ねが、世界的な生産者に愛されるコルクを作り出すのだと、
実感しました。

o0400053311961289074
こちらのコルクにも、
o0400053311961289075 
「PE」
Parramon Exportap のサイン。

このサインが、逃げも隠れもしない、信頼の証を物語っているのだと思いました。
最後に、この会に足を運んでくださった皆様に、心から感謝致します。
———————————–
レスタジ
PARRAMON EXPORTAP