シェフの必需品|代々木八幡「Ardoak(アルドアック)」 酒井涼 ~前編~

シェフの必需品|代々木八幡「Ardoak(アルドアック)」 酒井涼 ~前編

こんにちは、加藤です。
先日、スペインワインと食協会facebookページにご紹介したフードサイト「美味しい日本が集まる港|フードポート」に、またスペイン関係の興味深い記事をみつけました。
 
スクリーンショット 2018-06-25 0.59.01
美味しいものに目がない私は、
料理そのものの味わいが大切で重要なことなのはもちろんです。
しかし味わいだけでなく、
どうしてその味わいが生まれたのか?
そのルーツや背景がとても気になるのです。
例えば
その料理が生まれたきっかけだけでなく、
その料理を生み出すシェフが料理人になったきっかけ、
どうしてその料理を作りたくなったのか、
影響を受けたものや人、また大変だったことは何か、
今後の展望、
ということまでも・・・
私がインタビューしだすと、
どこまでも聴きたくなる衝動が抑えられないくらいです 笑
美味しいものに出会うと、
「どうしてこんな素敵な一皿が生まれたのだろう?」という疑問が湧いてしまいます。
私は少しでもその原因を知りたくてインタビューがしたくなるのです。
ですのでフードライターの仕事は、
インタビューしているときは仕事であることを忘れてしまうくらい大好きです。
記事をライティングするときに「あ、仕事だった・・・」と思い出します。
そんな個人的理由からも、
美味しい一皿を知ることができ、
さらにその背景がさまざまな切り口で展開されている「美味しい日本が集まる港|フードポート」さんのようなマガジンはみなさんにもご紹介したくなります。
 
 
 
シェフの必需品|代々木八幡「Ardoak(アルドアック)」 酒井涼 ~前編~http://foodport.jp/people/30520.html

スペインワインと食協会 加藤智子 TOMOKO KATO

「食」業界で17年、調理師、パテシェ、サービス、イベント、展示会、各種コーディネイト、企画、広報PRまで幅広く経験。ジャンルは和・洋・中、街場のカフェからグランメゾン、ホテルサービスの後、老舗のレストランで管理職を務める。2009年、初のスペイン旅行で出会った1本のスペイン産オリーブオイルに恋に落ち、3ヶ月後には業界未経験のまま輸入スタート、2014年㈱LA PASION(ラパシオン)設立。「スペインワインと食協会」設立後、「食で毎日をもっとうれしく、人生をもっと楽しく」と食×スペインに特化し、オリーブオイルのあるライフスタイルと食育を発信しながら食品輸入販売、プロモーション、講師、ライターとして活躍中。TV、ラジオ出演他、フードメデイアに寄稿中。OSAJオリーブオイルソムリエ。