神楽坂「estación(エスタシオン)」

IMG_8189

神楽坂「estación(エスタシオン)」

みなさん、こんにちは。堀池です。
暖かい日射しにすっかり春めいて、桜の開花ニュースも目にするようになりました。

野山も芽吹きお野菜の美味しくなる時、そんな季節にぴったりな、神楽坂の「estación(エスタシオン)」を訪問しました。

エスタシオンはスペイン料理店ですが、野菜とロゼワインのお店としても有名です。

オーナーの野堀貴則シェフは、銀座「エル・セルド」、神楽坂「エルプルポ」「エル ブエイ」のシェフを務め、2015年秋に神楽坂でご自身のお店を開店しました。

コンセプトは『バルとレストランの間』。スペインの郷土料理を提供しはじめた先駆けでもあります。

 

 

 

過去歴任シェフ時代から野堀シェフの評判は高く、エスタシオンをオープンしてからは2年目にミシュラン・ビブグルマン東京に選ばれ、以来3年連続掲載。今年はゴ・エ・ミヨジャパン2019年にも掲載された名店です。

 

4年目の今年から、21時まではお料理のオーダーがおまかせコースのみに変わったということで、早速いただいてきました。

同じ料金でさらに高いクオリティを提供するため、というのはとっても嬉しいですね。

 

選べるのは、4品軽めコースと6品しっかりコースの2種類。

今までも度々おまかせコースをお願いして、その楽しさは体験済みです。追加もOKというので今回は軽めの4品コースをお願いしました。

この日のメニューをご紹介します。

アミューズ

・イベリコのリエットとメンブリージョ、バナナの和風エンパナーダ

前菜

・鹿児島産の初鰹、苺のソースとアホ・ブランコ

・大はまぐりと季節の野菜

メイン

・ジャージー牛のバルデオンソース、蕗の薹のピュレ

お米

・海老と魚介のアロスメロッソ

アミューズを含め5つの美しいお皿が出てきました。

メロッソは鉄鍋で提供されるのでお代わりもできます。

 

追加で気になっていたデザートもお願いしました。

・オロロソのアイスクリーム、ブラッドオレンジソース

シェリー酒のオロロソを煮詰めて仕立てた、濃厚で香り高いアイスクリーム、オレンジのエスプーマをたっぷりとかけていただきます。

ワインはボトルもありますが、お料理ごとにグラスでいただくのが楽しい、この日もおまかせにしました。お料理を見てから好みを伝えるとマリアージュしてくれます。

エスタシオンはロゼワインの品揃えで有名ですが、近頃はワイン以外の隠し球もでることがあるそうです。
白ビール・カバ・白・シェリー・赤・ロゼ・、食後にはエレガントなシェリー酒パロ・コルタードを出してくださいました。

季節のお野菜にこだわったエスタシオンのお料理は、食べるだけでなく目でも楽しむものだと実感できます。

カウンターのテーブルと同じ高さのオープンキッチンで、繊細にキレイに盛り付けされていく野菜や魚介、お肉たちを見るのも楽しみのひとつです。

 

21時からはアラカルトメニューもあるそうです。

フォーマルにもカジュアルにも楽しめるエスタシオン。いつも混んでいるので是非予約の上訪問してください。

【文】協会ライター 堀池麻樹

東京出身。大学卒業後、広告プロダクションでデザイナーとして勤務。1996年会社独立を機に訪れたスペインでマンサニージャと出会い虜に、帰国チケットを捨てそのままサンルーカル・デ・バラメダに滞在しボデガを訪問。以来毎年渡西しています。惚れ込んだ未入荷シェリーのPR活動をきっかけにシェリー蔵元からブランドアンバサダーを任命され公認大使に。現在はセレクトワインショップを運営しながら、スペインワインと食事情を各媒体に寄稿しています。WSET LEVEL 3(英国政府認定)資格保持。C.R.D.O.認定シェリー・アンバサダー。