【掲載】FOOD STADIUMのヘッドライン〜Arroceria Sal y Amor(アロセリア サル イ アモール)」

スペインの米料理専門店「Arroceria Sal y Amor(アロセリア サル イ アモール)」

【掲載】FOOD STADIUMのヘッドライン〜Arroceria Sal y Amor(アロセリア サル イ アモール)」

 

 

 

大変ご無沙汰しております、加藤です。

東京は梅雨らしいお天気で雨ですが、明日の七夕には晴れるといいですね。

 

最近、みなさんは外食してますか?

東京にはかなりのお店が次々にオープンしていますよね。

私も職業柄、いつも新しい情報がはいるので気になるお店ばかりが増えています。

 

そんな中でも予約がとれなくなるほどの人気店は一握り。

しかも、オープン以来1年以上経っても予約がとりづらい状況が続くお店には、

「美味しい」や、「見た目がいい」だけでない秘密があるはずです。

 

今や「美味しい」は当たり前の時代ですものね・・・。

 

そこで、東京のスペイン料理界だけに限らず、

話題のレストランとして人気の、あのお店を取材してきました!

 

お久しぶりに掲載のお知らせです。

飲食サイト「フードスタジアム」に掲載された記事です。

http://food-stadium.com

 

ビクトルガルシア氏と宮﨑健太氏の二人が代官山にオープンした、予約のとれない日本初のスペインの米料理専門店「Arroceria Sal y Amor(アロセリア サル イ アモール)」に注目

 

スペインの米料理専門店「Arroceria Sal y Amor(アロセリア サル イ アモール)」

スペインの米料理専門店「Arroceria Sal y Amor(アロセリア サル イ アモール)」

 

実は先日のテレビ生出演の際にも、推薦させていただき、

ご紹介させていただいたのです。

15/04/13 【出演】フジテレビ ノンストップ 出演を終えて

 

「人生一度なら、好きな人と、好きな事をして生きてみたい!」と

おっしゃるオーナーシェフの宮﨑さんと、

「スペインの食文化の発信をするためのこのお店なんです!」と

おっしゃるビクトルさんが二人で共同経営をするお店。

 

お店を出すときの誕生秘話や、

二人の今後のビジョンなど、前のめりになってインタビューしてきましたよ。

 

続きや全文は記事をごらんください!!

 

http://food-stadium.com/headline/13088/

 

 

 

【文】ライター 加藤智子

福岡県生まれ。1997年より「食」の世界において、調理師、パテシェ、レストランサービス、ワインサービス、イベントコーディネイトはもちろん広報PRまで幅広く経験。新規オープン店の立ち上げ、メニュー開発等、トータル的なプロデュースに携わる。ジャンルは和・洋・中、カフェからグランメゾンまで、ホテルサービスの後、老舗のレストランで副支配人を務める。2009年、「食で毎日をもっとうれしく、人生をもっと楽しく」をテーマに食×スペインに特化したLA PASION(ラパシオン)設立。食品の輸入・販売、オリーブオイル講師、食関係のPR・広報、イベント企画・運営に携わり、ライターとしても活躍中。

Leave a Reply

*